コスメ

どっちが優秀?ラブ・ライナーとフローフシ「モテライナー」を比べてみた!

2018/05/10

 

凄いスピードでどんどん新しいアイテムが出てくるこの時代、同じモノを何回もリピートして使い続けるという事が少なくなってしまっている私です・・・。

ついつい新しいものや使ったことがないアイテムが気になり、誘惑に勝てず買ってしまっております。

そんな新しいものに弱い私・・・タイトルで何が出てくるのか、もぅわかっちゃってると思いますが(笑)

今回は新しいアイライナーを買ってきました。

今使っているモノと新しいモノ、2つの人気アイライナーを私の独断と偏見で勝手に比較してみたので、よろしければご参考までにどうぞ٩( 'ω' )و

 

ではでは早速1つ目、新しく買ってきたアイライナーの方からご紹介していきますね!

Love Liner(ラブライナー)です!

コスメサイトや雑誌、口コミでの評価も高いので、知ってる方も多いことでしょう。

私が購入した時で500万本突破の文字が箱に書いてありました。

500万って・・・まじ大ヒットなアイテムですよね(''Д'')!

 

そして今回、このラブライナーと比較するもう1つのアイテムが

フローフシから発売されている

MOTELINER(モテライナー)です!

モテライナーに出会ってからは浮気せず、ずっとリピートしてるくらい私は個人的に気に入って愛用してるアイテムです♪

私の殿堂入りアイテムですね( ˘ω˘ )!

まぁ結局、新しいものや人気の言葉に勝てず今回浮気しちゃったんですけどね(笑)

 

ではまず、筆の部分から見ていきます。

ラブライナーの筆は結構シッカリした硬さがありました。

描くときに先端がペタっと倒れる事がなく、ペンを使って字でも書いているような感覚でしたね。

筆自体はスゴく細いという訳でもないんですが、先端が0.1mmの極細になっているので、思う通りの線を描くことができて良かったです(*´꒳`*)

あ、ちなみにラブライナーとモテライナーどちらも今回はダークブラウンの色を買っています。

歳も30を過ぎると、真っ黒ブラックは選べなくなってしまいましたよ・・・ははは( ̄▽ ̄)

 

そして次はフローフシのモテライナー。

4種類の上質な毛を使った熊野筆でつくられています。

描くときの滑らかさは「流石っ!」と言いたいほど優秀です!

ラブライナーと比べると筆自体は細めのつくりになってますね。

そして、モテライナーは形にもこだわっていて、8角形のフォルムは女性の手に馴染むように設計されています。

 

次は手に書いた時の感じを見てみました。

まずラブライナーから。

筆は固めですが、細い線も太い線も思い通りに書くことが出来ます。

色は落ち着いたブラウン。

くっきりとし過ぎない上品な色味がいーですね(*´꒳`*)

ウォータープルーフでにじみにくいつくりになっています。

実際使っていてパンダ目になる事はなかったので、個人的にかなり高ポイントでした♪

にじみにくいのに落とすときはお湯で簡単にオフできるのも良かったです。

 

そしてモテライナーですが、ラブライナーに比べると筆が柔らかく、自由自在な太さの線を書くことが出来ます。

色はモテライナーの方が少し濃い気がしました。

ただ実際にメイクに使った感じは、色の違いはほとんどなかったかな。

モテライナーの方もにじみにくいという点では同じくらいですが、メイク落ちに関してはラブライナーの方が簡単に落ちたかなー?って印象でした。

 

使ってみた結果・比較!

2つのアイライナーを使って比べてみた結果ですが、

うーーん・・・正直、

大差なし!!

・・・

「は??何の比較にもなってないじゃないか!」と言われそーですが(;´∀`)

本当に使ってみた感じ、描きやすさであったり色味はほとんど同じで変わらなかったんですね。

まぁ、それでもあえて違いを挙げるとすると、筆の固さとメイクオフするときの落ちやすさですかね。

固めの筆が好きな方はラブライナー、柔らかめが好きな方はモテライナーを選ぶのが良いと思います。

あと、フローフシの場合はしばらく使っていると筆が柔らかいからなのか、先端がボサーっとなってきて筆が割れちゃう事があるので、長く使えるのはラブライナーの方かもしれないです。

実際に使ってみてどっちのアイライナーもメチャクチャ良くて、人気あるの納得でした。

モテライナー一択だった私が次はどっちを買おうか悩むくらい、どっちも使いやすかったです。

 

この比較は完全に私の好みと独断と偏見の意見になってしまっているかもしれませんが、気になっていた方のご参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございます・・・choro♡





-コスメ